空地は持っているだけで固定資産税がかかります

相続などを理由に使っていない空地があるけれども、相談に行く時間もなくそのまま放置している、どんな活用方法がよいのかわからない、使い道が思いつかないなどの理由で、そのまま放置してしまっている人も多いことでしょう。
実は空地には様々な活用方法がありますが、それぞれにメリットやデメリットもあるので、自分にはどの活用方法があっているのかをよく検討する必要があるでしょう。

そもそも空地を活用しなければならないかというと、そのまま放置することによってさまざまなデメリットが生じます。固定資産税や都市計画税が使っていない空地でもかかってしまったり、維持費、近隣トラブルなど様々なデメリットが生じます。このように空地として放置しておくことにはデメリットだらけであることが分かるので、これを有効活用してプラスの資産に変えることが望まれます。

空地におすすめの活用方法としてまず第一に挙げられることは、賃貸アパートやマンション経営です。
一番高い収益が見込めるものが賃貸アパートやマンション経営と言えるでしょう。一番心配なことが空室リスクの問題ですが、これを軽減するためにも、入居者のニーズを満たした魅力のある建築プランを設計することが重要となります。もしも賃貸経営に手間をかけたくないのであれば、専門の会社に委託することにより、管理の手間はほとんどかかりません。高い収益性だけではなく、大きな節税効果も期待できます。

二つ目には戸建て賃貸方法が挙げられます。近年注目されている方法であり、ファミリー層などを中心にのびのびと暮らすことができる戸建て賃貸は非常に人気を集めています。需要に対し供給が少ないエリアが多いため、高い確率での稼働が期待できます。アパートなどに比べるとコストを抑えることもでき、最終的には中古一戸建てとして売却しやすいのも魅力の一つです。

そのほかにも駐車場や事業用の土地として貸し出すこと、トランクルームの経営や太陽光発電など様々な方法があります。